乱視カラコンは疲れ目になりにくい!

乱視カラコンは疲れ目になりにくい! カラコンが目が疲れやすいという要因となるのは、眼に適合しないカラコンを使用している可能性が高いために目が疲れやすくなってしまうのです。
中でも乱視の方はピント調整機能が合い辛いために近視や遠視のカラコンを使用すると眼が疲れ目になりやすいのです。
では、どのようにすれば乱視の方は眼の疲れを抑えることが出来るかですがそれは乱視カラコンを使用して視覚補正に応じたコンタクトを使用するのが正しい手法となります。
これは乱視用カラーコンタクトの視力矯正力をコンタクトレンズに適応することで物の見えやすさを改善するという手法で、眼が疲れる要因を減らすことで対応することを指します。
乱視カラコンは、様々な乱視の方に応じた視覚補正を行えるのが利点で自分の視力矯正に応じたカラコンを使用することで疲れ目から解放されるということです。
これは乱視の方が視力を矯正する際に目が疲れないことを指しますので視覚矯正を必要としない方には関係のないことになりますが、眼が疲れる原因としてピントが合わないことが挙げられ、ピント調節の問題を解決することで目の疲れから解消されるというお話です。

装用時にパソコンを利用するなら目薬を活用

装用時にパソコンを利用するなら目薬を活用 リモートワークなどパソコンを利用して自宅で仕事をする機会が増えたという方は増加している中、自宅にいながらも見た目を気にする必要があるといわれているのがウェブ会議に参加する場合です。
特に取引先の方とやり取りをする時は普段どおりにメイクやヘアセット、服装なども気をつける必要が出てきますし、女性の場合日常的に使用している乱視カラコンを装用するという方も少なくありません。
しかしリモートワークやウェブ会議で長時間パソコンのモニターを注視する場合、普段よりもまばたきの回数が減ってしまい眼が乾燥しやすくなるデメリットがあります。
乱視カラコンによっては眼が乾燥しにくい含水率の低いタイプも販売されてきており、ドライアイの方などは含水率などをチェックして選ぶという方も増えてきています。
どんなに乾燥しにくいレンズであっても自分で長時間装用していると、気づかない内にドライアイの状態が進行してしまう可能性も高くなります。
そこで長時間デスクワークをするような方は、こまめに目薬をさすことをおすすめします。
コンタクトレンズ用の目薬を利用することで、レンズに適度な潤いを与えて眼とレンズの間にクッションを作ってくれます。

新着情報

◎2020/9/9

目に負担がかからないもの
の情報を更新しました。

◎2020/08/31

サイト公開しました

「カラコン 疲れ」
に関連するツイート
Twitter