目に負担がかからないもの

目に負担がかからないもの 乱視があっても、視力を矯正しながら目の印象を美しく、大きな瞳に見せることができるのが乱視カラコンです。乱視の人は、物が重なって見えるため、実際の視力以上に目に負担がかかり、疲れやすいという特徴があります。視力を矯正することも大切ですが、目に負担を掛けずにクリアな視界を手に入れ、瞳の魅力も引きたてるような乱視カラコンを選ぶことをおすすめします。
乱視カラコンを選ぶときに、目に優しい物を選びたいなら、酸素透過率と水分含有量がポイントになります。酸素透過率が低いと、瞳が呼吸しにくくなるため、酸素の共有量が減り疲れやすくなります。酸素透過率が高い物を選ぶと、長時間付けていても違和感が生まれにくく、目の充血などのトラブルを防ぐことにもつながるのでおすすめです。また水分が多い物ほど、うるおいがあるので、ナチュラルな装着感を得ることができます。特にドライアイの傾向がある人は、水分含有量の高い乱視カラコンを選ぶことで、違和感が減り長時間でも痛みやかゆみを予防することが期待できます。

乱視カラコンの目の負担はコンタクトと同じ

乱視カラコンの目の負担はコンタクトと同じ "乱視カラコンを使う時に気になるのが目の負担です。色がついていることでコンタクトレンズと違った影響があるのではと、気になってしまいます。結論だけ言うと、全く気にする必要がありません。乱視カラコンのカラーは視界の得られる中心部分にはなく、虹彩と呼ばれる絞りの働きをするところだけに限られています。そのため見え方に影響はなく、色なしと同じと言えます。カラーに使われている色素も生体適合性が確認されている素材で挟まれてされているので、目に直接触れるようなことがありません。
乱視カラコンを使う上で最も注意が必要なのが、補正が適正かどうかです。カラーがどれだけ気に入っても、適切な補正のものがなければ購入は控えるべきです。無理やりでも乱視の補正がただしくないものを使えば、見にくくなって不調を感じてしまいます。自分の乱視を確認して適正なものを選びましょう。正しい屈折値がわからない場合は、眼科での検査が必要です。

新着情報

◎2020/9/9

目に負担がかからないもの
の情報を更新しました。

◎2020/08/31

サイト公開しました

「カラコン 負担」
に関連するツイート
Twitter